こまねこでクリスマス☆

  • 2009.11.23 Monday
  • 23:56
3連休があっという間に終わってしまった…

いつも思うんだけど、どうしてお休みの日は加速度をつけて
時間が過ぎていってしまうのだろう。
お仕事の日とまったく同じはずなのに、ねぇ。

お天気に翻弄されて、約束をキャンセルしたり、
風邪をひきかけたけどなんとか踏ん張ったり(笑)な日々でしたが
とりあえず身体はじっくり休ませることができたかなぁ。

お休み中、一番のイベントは…京都に出かけたこと。
紅葉真っ盛り、しかも連休、できればこんな時期の京都に近寄りたくはなかったのですけれど…

私の大好きな“こまねこ”ちゃんの新作が、このクリスマスにDVDになります。
それに先駆けて、今月から各所で映画館での公開も始まってます。
東京では、7日から渋谷のライズXで公開されていて
週末ごとにいろんなイベントが行われています。
ずーっと指をくわえて見ていたの(涙)。

関西では、京都が21日公開、大阪が28日公開。
関西でもっとも早く観られるところに行きたいっ!というわけで決めた京都行きです。
京都に行くと決めた後、合田監督とアニメーターの峰岸さんの初回舞台挨拶も決まったので、ウキウキでこの日を待ちわびていたワタシ♪

場所は、「京都みなみ会館」という小さなちいさな映画館。
パチンコ屋さんの2階なの(笑)。
大阪で言えば、シネ・リーブルやテアトル梅田くらいの規模です。
でも、なんかね、いい具合に古くって味がある映画館!
場所も東寺のそばだから、いい感じに混雑とは無縁なのですよ。

映画は夜6時からだったので、ちょっと早めに京都入りして、
東寺から京都駅間という狭い範囲ではありましたが
クルクル歩き回ったりお茶を飲んだりして、秋の京都をそれなりに満喫♪
東寺をバックに沈む夕日は、涙モノの美しさでした・・・


暗くなるころ映画館に戻り、ほのぼのとしたお二人の挨拶のあと
こまねこちゃん鑑賞。

公式サイトより、ストーリ抜粋。

山の上のおうちにおじいと暮らすこまちゃんは、ものづくりが大好きなこねこの女の子。
クリスマスにパパとママに会えるのを楽しみにしていたこまちゃんのもとに、2人からちょっと早いプレゼントが届きます。
かわいいお人形に大喜びのこまちゃんでしたが、そこには「クリスマスには帰れない」と書かれた手紙も同封されていました。
すっかり元気をなくしたこまちゃんに、友だちの発明少年ラジボーがある提案を持ちかけて…。

実は、本編20分くらいの短い映画です。
(だから鑑賞料金¥800なの。NHKのキャラクター、どーも君のテレビ未公開短編などなどもセットでの公開です)
こま撮りって大変だから、長編は厳しいんですよね、たぶん。

で、泣きましたよ。いい歳の大人が、お恥ずかしい…
冷静に観たらぜんぜん泣く映画じゃないと思うんですけど(笑)
このちっちゃなネコちゃんは、なぜか私の涙腺をものすごく刺激するんです。
つきあってくれた某社長(笑)は、「なぜにそこまで泣く…」と引いてましたが
私の隣のOLさんらしき女性二人連れも泣いていたので、
まぁ泣く人には泣けるんですよ。感性ってことにしといてもらおう。

上映後、合田監督と峰岸さんにサインと握手をおねだり。




主演女優・こまちゃんも来てくれてました(これ、本物だからね!!!)。
後ろがサイン中の合田監督。あと、こまちゃんの写り具合を気にかける峰岸さんの手!
峰岸さんにはいつもサインを強要状態で申し訳ない感じ。
でもうれしい〜 こうして家宝がふえてゆく♪


翌22日にも、大阪で舞台挨拶があって
そちらにも行きたかったのだけど、冷たい雨と風邪気味の体調のため断念。
テアトル梅田にはまた来週以降足を運ぼうかな(もう一回観る気かよ)。



22日にお籠もりで体調を整えたので、今日はすっかり元気になって
散歩がてらウインドウショッピングに。
よせばいいのに新しいiMacを触ってしまい…
感じてはいけない物欲に火がついてしまった( ゚д゚)!
我慢我慢。
某物欲師匠の気持ちがよくわかったよ(笑)


私は早くも予約済み↓





こまちゃんを、こま編み(*^^)

  • 2008.02.17 Sunday
  • 23:42
先に謝っておこうではないか。
似合わないことしてすみませぬ…

ってな訳で、お休みの今日は寒風にもめげず。
朝から天王寺のABCクラフトまで出かけてきました。
ABCクラフトは、いろんな手芸用品をわんさか売ってるお店です。

そこに、なんと編み物を教えてもらいに行ってきました!
編み物っていつ以来?ひょっとして学生の頃?
セーターとマフラー編んだと思うんだけど、当時の彼のために。
誰に編んだのかはきれいさっぱり忘れているという悲しい事実は置いといて(笑)

大好きなこまちゃんを自分で編みたいんだもの!!!
イベントはこれです↓

ABCクラフト天王寺店<こまねこを編もう!>講習会

とにかくお店に行って、毛糸とかぎ針を買って。
情けないことに、作り目から教えてもらう超ダメダメ生徒よ(^▽^;)
増し目が上手にできなくて、ほどいてやり直して、先生に何度も教えてもらって…
途中、クローバーの関係者らしきお兄さんが写真を撮りに来られたのですが、ポーズを取る余裕もお化粧直しをする気力もなかったよ(泣)
ネット上のどこかで公開される可能性も無きにしもあらず、ですが
…どうぞ探さないでください(笑)

上手な人が延々編んでも、完成までに約12時間かかります。
今日は基本の基本ポイントを教えてもらって、あとはおうちで自習です…
先は長く道は険しいけど…がんばります(涙)



なんとか丸い形に編みあがってきてるのは、こまちゃんの胴体部分。
プティフール、って言う名前の可愛い毛糸はこまちゃん色なの。
これから難関の減らし目をするところ。
がんばれ アユミーーー!!!

竹善さんの“STARDUST”を聴きながら…
冬の夜は、更けるのでありますゆき


編み物お得意な器用な方。↓ここで可愛い編み図がダウンロードできますよ♪
こまちゃんといっしょに編もう!(クローバーのサイト)

ゆううつに、さようなら

  • 2007.12.31 Monday
  • 23:30
久しぶりの日記が、今年最後の日記になりました。
書きたいことはそれなりにあったのだけど
クリスマス以降、悲しいかな…夜になると思考が停止しちゃって。
いつまでも、くよくよ考えてばかりいても仕方ないので
少しずつでも… 動かなくちゃ、ね。


年末の忙しい日々、モスバーガー通いをしています(^▽^;)
何故か、なぜなのか。

…モスバーガーの、キッズメニューについているオマケが
私の大好きな“こまちゃん”の、パラパラえほんなのです(ノ´∀`*)

ワタクシがお子様を名乗ることが、道義的に許されるとは思いにくいので(泣)
キッズメニューを注文して、テイクアウトする訳です。
モスのキッズメニューは、チキンやさいバーガーとポテト、ドリンクのセット。
この内容で¥390は、とってもおトクなんだけど…

問題があってね。
いや、このチキンやさいバーガーってのが“激マズ”で…
妙に「ケチャップ甘い」のですよ(泣)。
お子様向けだから当然なのかもしれないけど、
グルメあゆゆには「苦行」以外の何モノでもなくて(苦笑)


それでも何とか、2種類ゲット。



かわえぇぇぇぇぇ (人´ω`*)




“あたちたちのえほんがおまけですにゃー”
“よろしくおねがいしますにゃー”
と、1人お部屋で遊ぶ私ってヤバイ???

全4種類なので…あと2回、あのキッズメニューを食べなければならないのです。
つらいのぅ。誰か、おごるので代わりに食べてください…

いま、Yahoo!動画で、こまねこ映画が無料公開されています。
そう、わたしが映画館に4回も観にいった映画です…
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00265/v03309/

↑「こま撮りえいが こまねこ」 第5話 “ほんとうのともだち”
がおすすめです。年末年始、お暇な方はぜひ…



2007年のおしまいは、ちょっと悲しい日々だったけど。
(ご心配をおかけしたお友達のみなさん、ごめんね)
悲しいことやつらいことは、ぜんぶ今年に置き去りにして…
2008年を明るく迎えられたらいいな。


お友達のみなさん、ここを訪れてくれるみなさんへ。
今年もいろいろと、ありがとうございました。よいお年を!

そしてこれからもどうぞよろしく!

のんびり夏旅・山口(後篇)

  • 2007.09.13 Thursday
  • 18:56
の〜んびり夏休み、山口の旅 後篇です。
更新もの〜んびりで、申し訳ないです(汗)

お泊りは、散々迷ってごく普通のホテルにしました。
ほんとは温泉に泊まってゴージャスに会席でも食べたかったのだけど(泣)
予算と予定の関係で難しかったので、新山口駅前の、新山口ターミナルホテルへ。
東横イン並みに安いので、大丈夫かなぁなんて失礼なこと考えていたのですが、これがね、立地はいいしお部屋もキレイでそこそこ広くて言うことなし!
駅前の居酒屋で飲んで(若干はしゃいで)、ゴキゲンで撃沈いたしました(笑)。


翌日(9月2日)はJRに乗り山口駅へ。
今日の行き先は、山口県立美術館
美術館とその周辺一帯で、HEART 2007というアートイベントが行われていたので、一日じっくりとこのイベントを楽しもうという計画です!



山口駅前で。街のいたるところにHEART2007の“のぼり”が。


朝一番に県立美術館に入り、まず美術館内を見学。



玄関に巨大なハートのオブジェ。人間がすっぽり入る大きさ!


美術館内では、常設展のほかに、山口県美術展覧会や
全国・世界の美術館のカタログ・コレクションなどもりだくさんの展示を見学。
しかーし。
ここにもうひとつ、わたしが足を運んだ大きな理由が。

そう。
こま録りえいが こまねこ」の撮影に使われた、本物の“こまちゃん”と実物映画セットがここ山口にやってきていて、この美術館に展示されているんです!

当然写真は撮れなかったけれど、
かわいいー!!! こまちゃん超かわいい(感涙)



HEART2007オリジナルのこまちゃんコラボグッズをがっちり買い込みました(ノ´∀`*)

そして、すぐ近くの「CS赤れんが」というスペースで行われる
「こまねこ」の合田経郎監督と、アニメーター・峰岸裕和さんのトークショーへ!
150人入ればいっぱいの小さなスペースで、スライドショーを見せてもらったり、撮影のウラ話を聞いたりと盛りだくさんのトークショー!
おまけにショーの最後に、ほんもののこまちゃんを自由に撮らせてもらえる時間まで!!!(号泣)





「生こま」ですよ ハァハァ(笑)。たくさん写真撮ったけど、興奮してたのでほとんどブレてました…

午後は、同じく合田監督と峰岸さんご指導のもと、
アニメーション作りを体験する「アニメーション・ワークショップ」に挑戦!
30人の参加者で、監督と峰岸さんを2時間独占(?)という超豪華なイベントです。
しかもこのイベント、材料実費(1300円)のみで参加料はなんと無料!




お2人による楽しいレクチャーのあと、
コクヨの教材・まわしてアニメ くるくるシアターを使って、アニメーション作りに挑戦!




12コマ分イラストを描き、つなげてくるくる回してアニメーションを作ります。
パラパラまんがの進化版だね。
わたしは、脱力系のカエルちゃんがフラダンスするアニメを作成(^▽^;)
合田監督からお褒めの言葉を(当然おあいそですが)ちいさく頂戴しました(笑)
他の参加者の作品も見せてもらえるのですが、みなさんとっても上手だったわ。
お子ちゃまの参加者も、楽しそうに作っていましたよ☆



イベントのあとは、お2人にサインをもらったり、握手とお写真をねだったり。
人数の少ないイベントで、とても自由な雰囲気だったので
いつもはDVDやテレビの画面で見ているだけの監督と、ウソみたいに身近にお話することができました。大満足&大感激!

こまねこ公式ブログにも、このイベントのレポートがあります。
のんびりした土地柄・空気の中で、とても貴重な素晴らしい体験盛りだくさんでした!

そのあと日が落ちるまで、美術館周辺にたくさんあるアートスポットを散策したり、アーケードを眺めながらお茶を飲んだり。
ゆったりした一日ながら あっという間に迫る帰りの新幹線の時間。。。
去りがたい気持ち…でも充実感いっぱいで、大阪に戻ったのでありました。


そういえば、私の旅レポのわりにはグルメネタが少ないですね(汗)。
写真があまり撮れなかったのですよ。
帰り際に入ったお寿司屋さん、とってもおいしかったのだけど
さすがにカウンターでカメラを構える勇気は無かったのでした…

お土産はこちら



うーん 写真にするとおいしくなさそうなんだけど(^▽^;)
豆子郎(とうしろう)の“ういろう”です。
地元でしか買えない生タイプのものをチョイス。
ういろうって名古屋だけのモノかと思っていたら
ここ山口の名産でもあるそうです。
ちょいとお高かったけど、軽くてほんと上品なお味!
一瞬でペロリ、でした。

あー 帰ってきたばっかりだけど また旅に出たいよー!!!
…それには働かなくてはね(笑)

「こまねこ」が、大好き

  • 2007.05.16 Wednesday
  • 23:55
すでにお気付きのこととは思いますが
画面の上を、ちいさなネコの女の子が走り回っているでしょ。

目がチラチラするかしら?ごめんあそばせ。
走り回る彼女に、カーソルを当ててみてください。
ちょっとキョロキョロしてから、主演DVDのPRをすると思います。
そのしぐさが、かーわいーいの(ノ´∀`*)

去年のエントリーでちょっと触れているのですが
ここ参照♪
彼女の名前は“こまちゃん”。
こま撮りえいが こまねこ」の主演女優です。

大きな声で言うのも何なのですが。。。
去年の暮れから今年1月にかけて、劇場公開されたこの映画。
わたし実は… 3回観に行ったの。
1度目は、クリスマスの梅田ガーデンシネマ。
2度目と3度目は、ワーナーマイカルシネマズ大日に。
特に3度目は、一月のとても寒い夜、最終上映日の最終回、ガラガラの映画館にギリギリ駆け込んで号泣しながら観るという…ホント大きな声では言えない惚れっぷり。

そしてこのゴールデンウイークに、京都の小さな映画館でもう一度上映されるというのでなんと4回目!を観にいってきたわけなんです。
とにもかくにも、同じ映画を4度も観るなんて…私にとっては、ありえなかったこと。
いい大人なのに…いやいや、いい大人だからこうなるのか?

ぬいぐるみのこまちゃんを、ひとコマひとコマ少しずつ動かして作るストップモーション・アニメです。一秒間に24コマ必要なので、一日に数秒分しか撮影できないの。
けれどだからこそ、画面の端々に、合田監督やスタッフの皆さんのあふれんばかりの愛情をたくさん感じ取ることができるんだと思う。

映画は、こまちゃんが大活躍する短編が3本と、半立体のアニメが2本。全部あわせて一時間と少しです。短いです。作るの大変だもんね…
私にとっては、半立体アニメの部分ははちと退屈だったのですが(汗)映画館に来てた子供達にはバカウケだったなぁ。みんな声を上げてケラケラ笑ってました。
大人と子供では、こんなに感性が違うんだね。

この映画には、セリフがありません。
こまちゃんは、「にゃにゃにゃー」とか「にゃにゃ♪」「ウフフ♪」くらいしか言いません。
でも、こまちゃんの動きや表情には、「笑ってる」や「泣いてる」だけじゃなく
はじめて会った子とお友達になるときの、ドキドキやワクワク感。
コワイんだけど、もっと近くに寄ってみたい好奇心。
切ない涙、うれしい涙。
すべてみごとに表れているの!!!
アニメーターの峰岸裕和さん すごいです、すごすぎる。
使われている小物や背景も、細かく丁寧に作りこまれていて、ここらへんに“モノ作りの魂”を、おおいに刺激されました。
明るいお外のシーンには、濃い影が、室内シーンには薄い影が。
空の青と山の緑、芝生のグリーンの対比もとても美しく
2度目に観にいったときは、背景や小物ばかりを懸命に目で追ったっけ。
こまちゃん自身も、「ものづくりが大好きな女の子」なので、ひと針ひと針心をこめて作った「ももいろちゃん&はいいろくん」をとても大切にしています。
そこがまた、愛おしい!!!

というわけで、わたくし手放しで大絶賛の「こま撮りえいが こまねこ」
7月にDVDになります!

こま撮りえいが こまねこ デラックス版
こま撮りえいが こまねこ デラックス版
監督:合田経郎

わたくしは当然のことながら、お人形付きのDVD-BOXを予約済みです。
早く届かないかなぁ ドキドキドキドキドキドキ(笑)

で、苦労(?)してるのはですね、
グッズが少ないうえに、そのほとんどがUFOキャッチャーやガチャガチャなどの「プライズもの」なんです。
東京でなら比較的見つかるようですか、大阪にいると、非常に遭遇率が低い…
それでもこんなに集めたよ。



にゃにゃにゃーぁ♪
秋葉原にちょこちょこお散歩に行かれる方がおられたら
「萌え〜」ばかり追っかけてないで、こまちゃんも探してみてね(汗)
ラジオ会館のあたりにいたりするらしいので。


すっかり合田監督ファンになったわたしは、「どーもくん」や宇多田ヒカルちゃんの「ぼくはくま」なんかも追うようになりました。
かといってスヌ好きな気持ちが消えるわけでもなく…
むーぅ 大変じゃ…

このブログの右下のほうに、動くこまちゃんのウインドウがあります。
可憐な姿を、どうぞお楽しみください!
ボリュームボタンを押すと、音楽が流れます♪

コマ撮りするネコ。

  • 2006.12.15 Friday
  • 23:53
あれは一年前のことだったかしら、
ふとしたことから出会った、ちいさな、ねこの女の子。
そのときはすれ違っただけだったけれど
ずっと、ずっと胸のかたすみに残ってたの。

ひと月ほど前、ネット上で彼女と再会しました。
彼女の名前は、“こまちゃん”。



彼女の映画が公開されることになったのです(*^^)

映画のタイトルは“こま撮りえいが こまねこ”
NHKのキャラクター、“どーもくん”を手がけた合田経郎監督の作品です。
こまねこは、“こま撮り人形アニメーション”。
こま撮りとは、人形をひとコマずつ動かし、照明・セット・カメラポジションを少しずつ変えながら撮影するアニメーションの手法です。
一秒間に24コマの画像を必要とするため、1日がかりで撮っても、撮れる映像はわずか数秒分。

けれど、スクリーンの中のこまちゃんは、表情豊かに走り回ります。

山の上のおうちに暮らすこまちゃんは、ものづくりが大好きな女の子。
ミシンをカタカタ、主演女優(笑)を手作りして、屋根裏部屋で映画作り。
ドーナツ片手にピクニック、でも飲むのは大人ぶった苦いコーヒー。
いつも楽しくて、けらけら笑って。わくわくしたり、時にはへこたれそうになったり…。
悲しいときには声をあげて泣いちゃう。

こまちゃんが流す大粒の涙は、ころり、ころりとほっぺを転がります。
それを見て、思ったの。
そうだ、子供の泣きかたってこうだよね。
涙は、流すっていう感じじゃなくて…こぼれるの。
おっきなおっきな粒が、ぽろりぽろり、って・・・

こまちゃんの中に、わたしは「小さな頃の自分自身」を見ているのかもしれない。
何もかもがキラキラしていて、不思議で、まぶしかったあの頃を。
なんだかとっても切なくなって、こまちゃんを「ぎゅ」と抱きしめたくなるよ。

合田監督は言ってます。
「子供はもちろん、大人になってしまった“かつての子供達”にこそ見てほしい作品です。」

エキサイトシネマで、こまねこはじめのいっぽ ショートショート・フィルムが見られます。
ぜひせひごらんあれ!

わたしは…
映画館に行きたいなぁと思ってます(ノ´∀`*)
詳しい情報は、こまねこ公式サイトへどうぞ↓



東京は、渋谷シネライズで上映がはじまってます。
大阪は、シネ・リーブル梅田で12月23日から、
ワーナー・マイカル・シネマズ各々で1月6日から。
DVDの発売を待って、チェックするのもいいかもしれないな(人´ω`*)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

JUGEM PLUS

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM